株価ボード

トランプリスクで(?)円高が進行し、日本株は下がりました。
米国株はさほど落ちていないのに、日経平均は200円を超える下落で、あっさり1万7000円を割り込んでしまいました。

これまで「アメリカがくしゃみをすると日本が風邪を引く」なんて言われてきましたが、まさにそうなってますね。

リーマンショック後もそうだったんですが、アメリカ市場が回復していく中、日本市場は低迷を続けました。

最近は、中国がくしゃみをしても日本が風邪を引いてしまうようですが。

若い人はご存じないかもしれませんが、高度成長期、政官財が一体となって経済成長を目指す日本の姿は、海外から「日本株式会社」と呼ばれてました。

いまの日本がいまだ「日本株式会社」だとすると、
株主構成比は
・米国 70%
・中国 20%
・日本 10%
くらいな感じかな? なんて思います。

いずれにせよ、グローバル経済によって、日本は自律性を失ってるんじゃなかろうかという気がするんですよね・・・

「トランプみたいな奴が大統領候補になって、しかも善戦するなんて、アメリカ人はバカだ」と思っている人も多いと思います。
僕もそう思います。
でも、バカに振り回される、外国人(非アメリカ人)もきっと同じくらいバカなんだろうなあ・・・と思います。

あるいは、バカな権力者が他国の賢人をも支配してしまうのが「グローバル化」なんでしょうかね?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください