株価ボード

労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

トランプリスク(?)で円高、株安が進みました。

BREXITもそうだったし、大統領選で言えばブッシュ大統領の再任の時もそうでしたが、民主主義社会では「まさかないだろう」と思えることが、結構頻繁に起こってしまうものです。

株式市場に関していうと、世界的に衆目を集めるイベントなので、随時織り込まれていると考えて良いかと思います。

まあ、BREXITと、同様「トランプ勝利」という想定外(?)の結果に張ってみるというのも悪くないかもしれません。

ただ、僕は特に大統領選によって大きく投資戦略を変えることはしませんね。
昨日、米国相場が崩れていたので、今月のファンドの初回の買い付けをおこなったりはしましたが。

『マネーボール』のように、誰も予測できていないところで、正しく先読みができていれば、儲けるチャンスはあるのでしょうが、凡人にはまず無理だと思います。
いずれにせよ、最悪の事態が起きた時のリスクに備えておくことは大切かと思います。

まあ、そんなわけで、タイトルに吊られて読んでしまった人スミマセン。
基本はこれまでと変わらずでOKだと思います。

それにしても、チャーチルではないけど、「民主主義って不完全な社会制度だなあ・・・」と米国大統領選を見るたびに思います。

「これが世界を左右する超大国の指導者候補? これがその手続きのやり方?」と、思ってしまう。
この世界って本当に不完全ですねえ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください