株価ボード

日経平均が1万7000円を超えました。
ただ、NY市場と為替の影響によるところが大きいと思います。
日本企業の業績向上による自律的な反発とは言えないでしょうね・・・

実際、いまNYが下げ、円高に戻り始めると、日経平均先物も下がってきている。

日経平均は割安だとは思いますが、相場の方向性は正直見えません。

年明けから、大幅に上がりも下がりもしない、ハッキリしない相場です。
でも、過去数年で見ても、アベノミクスで右肩上がりに見えても、半年くらい足踏み状態だったとことは結構あります。

大きく上がったり、下がったりする方が珍しく、ダラダラとはっきりしない相場が続く方が普通なんじゃないか?

まあ、長期的な経済成長を前提とするなら、リスクの許容範囲内で、コツコツと買い付けて行けば良いと思います。
リーマンショックの低迷時にコツコツ買い付けた人がいま勝利を収めています。

まあ、これから上昇するという保証はないし、リーマンショックから見ると株価は倍になってますからね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください