労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

円安が進んで、日本株も好調ですね~。
これまでは、いまの株価をリーマンショック前と比較する論調が多かったですね。
日経平均が再度2万円を超えてくると、平成バブルと比較する論調が増えてきました。
いまも平成なんだから、平成バブルというのもおかしい気がしますが。

チャートの形から、いまを平成バブルと比較する乱暴な議論もありますが・・・
いまの経済環境は平成バブルと全く異なるので、比較できないと思うんですよね。

80年代のバブル景気は、円高不況が背景にあります。
金利もいまよりかなり高く、1億円あれば利息で生活できると言われていた時代です。
株式市場をとってみても、PERは70倍ありました。
株式持ち合いが一般的だったし、株主還元も積極的でなかった。
ダウ平均は3000ドルもなかった。

比べれば比べるほど対照的です。

過去に学ぶことは大切なことですが、平成バブルとの比較はピントはずれな気がします。
少なくともいまの日本経済は新しい局面にきているんじゃないかと思います。

株価が上昇し続けるか、好景気に向かうかは、だれも予測できないことですが、少なくとも、状況は平成バブル以降で参考にできる時期はないと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください