少しずつアクセス対策を試みていますが、その効果も徐々に見えてきています。
特に、PVが増えているのは、興味を持って回遊してくれていることなので(と信じる)、喜ばしいことです。
クリスマスプレゼントがわりに、いよいよ私がどうやって億の資産を築いたのかというとっておきの秘密(実際はぜんぜん秘密じゃないけど)を公開しちゃいましょう
実は、変わったことは何もしていないのですが……
1.質素倹約を心がけ、余裕資金は全て貯蓄する
2.株式投資(および財務諸表)に関する書籍読んで勉強する(多分100冊以上読んだと思う)
3.貯蓄の大半(7~8割)を株式投資に回す
4.株価が下がっても、ひたすら買い続ける

これをひたすら15年間やり続けただけです。
アベノミクス(再度になりますが、この言葉はあまり使いたくないですが)で株価が浮上して、最終的に資産が1億円を超えて来た。
それだけのことなのです。
1については、別に仙人のような生活をしてきたわけではありません。
やりたいことは我慢せずにやりました。
ただし、
・やりたいこと以外のことには余計なお金は使わない
・やりたいことをやる場合も、できるだけお金を掛けずにやる方法を考える
ということをやりました。
2については、勉強していたらいつのまにか100冊以上読んでいたという感じです。
実際はそんなに読まなくてもいいんじゃないかと思います。
ちなみに、株式投資の良書は欧米人(特にアメリカ人)の書いたのものが多いです。
西洋礼賛派ではないけど、株式市場同様、投資本も圧倒的にアメリカが進んでいると思います。
日本の書籍もいいものはありますが、大抵はアメリカ人(グレアム、バフェット、ピーターリンチ等)の語っていることの焼き直しだったりするので、原典に当たった方が早いと思います。
あと、アメリカの書籍は科学的研究に基づいたものが多いですが、日本は個人の経験に基づくものが多いです。
人の経験が役に立たないわけではないけど、再現性がない知識や情報は第三者の資産運用には役立ちません。
3はそのままです。給与所得があり、生活も安定しているし、借金もゼロ(当初は奨学金の返済があったけど)なので、それなりのリスクは取っても大丈夫でした。
4ですが、これが重要だったと思います。
リーマンショック後に、一時期数1000万円の含み損を抱えていたこともありますが、「いまの株価は安すぎる」と信じて、1万円を割っていた時に結構な株を買っていました。
その頃は、「株が儲かる」「今がチャンスだ」みたいなこと言う人は、いまと比べて全然少なかったですよ。
人が見向きもしない時に買うからこそ、儲けられたんです。
僕の投資パフォーマンスなんて、実はたいしたことないんですが、上記を全て実践してきたことで、いまに至っているわけです。
ちなみに、短期で資産を何十倍にもした「カリスマ投資家」みたいな人がメディアやネット上にウヨウヨいますが、その人たちと同じようにして大儲けできることはまずないと思います。
私が投資を始めて以来、何人もの「カリスマ投資家」がいましたが、ITバブル崩壊とリーマンショックで、彼らも、彼らの追随者も大半が泡と消えていきました。
実は、私も「カリスマ投資家」に追随して、彼らの推奨株を少しばかり買ったのですが、パフォーマンスは散々でしたね(苦笑)。
これまで儲かった株が、これからも儲かる株ではないし、むしろ逆のことの方が多いですからね……
皆様も甘い夢など見ずに、地道に頑張っていただければと思います。
クリスマスに夢のない投稿でスミマセン。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください