労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

株価が不思議な動きをしています。

日銀の追加金融緩和策の発表以降のことですので、これが影響していることはイチイチ語るまでもないと思います。

円高が進んでいるのに、株価が下がらない。
というか、下がっても、ゆるゆる戻してきます。

ETFの買い入れを発表しているので、短期的には株価にプラスであることは分かります。

でも・・・

この政策に批判的な意見も多いですね。
僕も、良く理解できます。

News Weekの小幡績氏の「日銀は死んだ」というコラムが的を射ていると思いました。

要するに、やっているのは株価対策に過ぎないんじゃないかと思えるんですよね。
日本株は指標だけ見ると割安だと思いますよ。
でも、ETFの買い入れ発表したところで大きく上昇もしないというのは、逆に、中朝的な展望については市場は悲観的なのではないかと思うんですよね。

個人的な事情もありますが、そういうことを考えると、いまは日本株に手を出しづらいんですよね。
とはいえ、日本市場には僕はニュートラルなので、一気に保有株を売ったりもしません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください