労働者のみなさま、今日もご苦労さまです

株価は可もなく不可もなくの状態で推移しておりますが、いかがお過ごしでしょうか
私はこういう時は、何もせず、ウォッチしてるのみです。
経験則から言っても、それが一番な気がします。

リタイアして十分な時間ができたら、株価が気になり、売買回数も増えて、以前のような投資スタイルが維持できなくなることが多い。
そんなアドバイスをFPから貰っているので、いまから心がけておきたいと思います。

「投資スタイルを変える」といえば、僕がバリュー投資をはじめたころ、参考にしていた個人投資家が何人かいらっしゃいます。
その中の多くの人は、途中で投資スタイルを変えました。

信用取引を駆使しはじめた人
システムトレードをはじめた人
先物取引をはじめた人
テクニカル分析と組み合わせるようになった人
「日本は破綻する!」と豪語して、海外に資産を移した人
等々

スキルに応じて投資スタイルを変えるのは悪いことではないけど、彼らを見ていて、以前のスタイルを貫いた方がパフォーマンスは良かったんじゃないかって思うんですよね。
リーマンショック以降、所在不明な方も多いです・・・
そうでなくても、ここ2年の上昇相場に乗り切れていない感がある。

ここ数年に関して言うと、高度な(?)手法を駆使した投資家より、インデックスファンドに積み立ててきた人の方が、平均的に高いパフォーマンスを上げているような気もします。

では、また。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください