労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

暖かくなってきたので、冬物の衣類をちょっとずつ片づけています。

冬物ではないのですが、今日も、着古したワイシャツとネクタイを捨てました。
こうやって、一歩ずつアーリーリタイアに近づいているつもりです。

さて、ひとつ考えているのが、リタイアしたら確定拠出年金(DC)をどこの口座で運用しようか?ということです。

現状では、コストとラインナップのバランスを鑑みると、各社一長一短で、「ここがベスト」というのはありません。

数日前、インデックス投資家のブログで、「SBIが信託報酬が最低水準の投信を揃えるらしい」というネタが話題になっていました。

元ネタは下記の記事のようです。

個人型DC、結構多い「古くて残念な品ぞろえ」

この記事の最後に、下記のような記述が見られます。

例えばSBI証券は4月にも、主要資産クラスの信託報酬が最低水準の投信を一挙に投入方向だ。手数料も低いため、個人型DCを利用する際のかなり有力な選択肢になりそうだ。「品ぞろえを充実させる金融機関はほかにも出てきそう。しばらく金融機関選びを待つ選択もある」(竹川さん)状況だ。

SBI証券自らが表明しているわけではないので、しばらく様子見ですが、もし本当だったら、SBI証券が第一候補になりそうです。

所得はなくなるので、当面は所得控除は使わなさそうですが、売却益と配当に税金がかからないのはメリットだと思いますからね。

いまの確定拠出年金の口座は、維持管理コストはかからないのですが、ファンドの信託報酬がちょっと高めなんですよね・・・

自分の身の回りの環境だけでなく、外部の環境においても、最近アーリーリタイアを後押しするような変化が起きています。
偶然なんでしょうが、神様が「そろそろ、これまでと違う人生を選択しなさい」と語りかけているような気がします。


2件のコメント

  1. 馬三人

    お疲れ様です。
    私もDCは制度設立以来こつこつと積立しております。およそ15年くらい?
    当初はゆうちょ銀行、途中からSBI証券(正確にはSBIベネフィットシステムズ)に切り替えました。
    先ほどログインして確認してみましたが、まだ新しいファンドの情報は無かったです・・・
    現状イマイチな品揃えは否めないのですが、元々親会社が低コストファンドを売ることに積極的なので、今後を期待しております。

    返信
  2. bucketlist

    私の方は勤務先は最近確定拠出年金に切り替わったのですが、それまでの積立額はたいしたことありませんでした・・・
    記事でていただけなので、本当に低コストファンドを充実させるかは分かりません。
    でも、コスト競争の激しい昨今なので、各社対応していくんじゃないかと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください