労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

今週も株式市場は大幅下落ではじまってしまいましたね。
6営業日連続下落となってしまってます。

最短で今年中のアーリーリタイアを考えているわけですが、退職金も含めて(年金は含めず)、最低1億5千万円の金融資産が大前提となります。

まだ年初なので何とも言えませんが、このまま相場の低迷、あるいは横ばいが続けば、延期の可能性もそれなりにあるかなあ・・・と思っています。

別の考え方をすると、現役時代にこういう体験をしておくのは意味あると思いますね。

「もし、リタイアして収入がなくなっていたらどういう行動を取っていたか?(あるいは取るべきか?)」みたいな、エア・アーリーリタイア投資家体験ができていますからね。

前にも何度か書きましたが、リーマンショック前の上昇相場で小金を稼いで、会社を辞めた人は、ブログ上でもたくさん見ていますし、リアルでも何人かあったことがあります。

彼らは、リーマンショック後は本当に大変でしたね。

・資産が大幅に減少する
・生活がかかっているので、大きなリスクは取れない
・新規投資をしようにも、余裕資金がなくてできない
・セミナーや書籍で副収入を得ている人は、そっちの収入も激減

多くの投資家は、そんな悪循環に陥りました。

まあ、そこからが投資家としての真価が問われるわけですが・・・

なんとか生きていけていても、生活レベルを引き下げたりしなければならなくなるんですよね。

僕としても「お金がないからやりたいことができない」という状況に陥るのは避けたいのですよ。

相場が低迷しているときに、(その時点でも十分な資産を築いて)会社を辞めるというのが良い選択肢かもしれません。


2件のコメント

  1. 馬三人

    お疲れ様です。
    ご参考までに教えてください。
    仮に今年1億5千万を達成したら、その後はリスク資産は大幅に減らすつもりなのでしょうか?
    もしくは全額キャッシュか安全な銀行預金にして資産を取り崩しながら余生をおくるつもりなのでしょうか?

    返信
  2. bucketlist

    どうも! まだ細かいところまで詰まっていませんが、4千~5千万円くらいは非リスク資産(銀行預金/国内債券)で持つつもりです。
    残りは、国内外のファンド、国内個別株、グローバルREIT、海外債券に分散投資する予定です。
    いずれ、この辺の話も詳しく書きたいと思いますので、お待ちください!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください