株価チャート

株価が乱高下してますねぇ。

株価だけでなく、資源や為替など、数多くの金融商品で起きていることですが・・・

僕の友人・知人には、投資家はさほど多くはないのですが、「戦争が起きている中、トレードして儲けたとか、損したとか言っているのは怪しからん!」みたいなことをSNSに投稿している人が、複数います。

彼らの気持ちはわかるし、他にも「人が死んでる中で、金儲けの話しやがって」みたいなことを考える人は、それなりに多くいそうなので、投資の話はもちろん、SNSに投稿するのは控えています(本ブログはちょっと位置づけが違うので、書いてしまっていますが)。

そもそも、投資をしている人は、ロシアのウクライナ侵攻によって、あらゆる金融商品が乱高下している以上、それに対応することは当然の行いだと思うし、それ自体は批判されるべきことでもないと思います。

「いくら儲けた」とか、「いくら損した」とか言い回っていると、攻撃を受ける可能性も高いので、黙っているに越したことはないと思いますが。

私自身は、イラク戦争の時も、アメリカのアフガン攻撃の時もそうでしたが、特に大きく動くことはしていません。

変数が多ぎて先が読めない状況で、大きく売買するのはリスクが高いからです。

投資を始めて数年後に、自分でルールを課しました。

不測の事態で相場が不安定な時は、大きく動かない。

具体的には、

①ファンドの売買は1日5万円以下とする

②個別株の売買は1日に1銘柄だけとする

と決めています。

100%守れているわけではないですが、ほぼ守っているので、これまで大損こくのを回避できています。

大儲けする機会も逃していますが、投資する段階では、相場の方向性はわかっていないわけだから、リスクを回避するためには、やむを得ないことです。

実際、コロナ拡大の初期にREITが暴落しましたが、1日5万円ずつしか買いませんでした。
その後、暴騰しましたが、損はしていないので、結果を素直に受け入れています。

ちなみに、今回のウクライナ危機では、

  1. 原油インデックス連動型上場投信を少しずつ売却
  2. 株価が大きく下げた日に、先進国と国内のインデックスファンドを(上記のルールにのっとって)5万円分購入

ということをやっています。

たいした額ではないのですけどね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください