株価チャート

また更新が滞ってしまいました。

仕事とプライベートでちょっとばかり慌ただしくて・・・

2022年に入った直後は、新型コロナの拡大が収束を見せ始めていて、通常状態に徐々に戻り始めたかと思いきや、オミクロン株が世界的に急拡大していますねぇ。
芸能人の感染報道が相次いでいますが、感染者にカウントされていない「一般人」も含め、おそらく感染は急拡大しているんだろうなあ・・・と実感しますよ。

と言いつつも、重症化率は低く、欧米では新規感染者数も減少に転じており、規制も緩和されているようですね。

岸田政権は、経済活動を止めるような規制を行って、ブーイング👎の嵐ですが、「新しい資本主義」の名のもとに、アンチ資本主義的な政策を施行している方なので、しょうがないかなあ・・・と思います。

そうしたさなかに、米国株が大きく下げ、日本株も連れ安しています。

これは、オミクロン株の影響ではなく、米国株の過熱感が是正されるプロセスだと思うんですよねぇ。

ここ1年間くらいは、僕自身も外国株も日本株もそんなに売買はしていません。

以前は、毎月、15万円~20万円くらい積み立てていたのですが、最近は銘柄入れ替えは行っているものの、差し引きすると、せいぜい月平均で5万円~10万円程度を積み立てている感じでしょうか。

つまり、これまで「今の株価は高すぎる」と考えていたわけで、このたび大きく下げたのは当然の結果だと思います。

リーマンショック後の10年強にわたり、短期的には下げても、株価はほぼ右肩上がりでした。

FIRE運動なんかもだいぶ盛り上がってきていて、「株に投資すれば儲かる」というのが当たり前のことであるかのような風潮も生まれました。

でも、こういう状況ってかなり特殊だと思うんですよねぇ。

「アメリカ株はどこかで大きく調整するだろう」と思い続けていましたが、実際は、一時的に下落してもすぐに持ち直して、過去最高値を更新してきました。
今回も同じなのかもしれませんが、僕自身はあまり楽観視していません。

米国株以外に、暗号通貨、大都市の不動産は上がりすぎだと思います。
これらは、すべて下落して、中期的には低迷するんじゃないかと思っています。

さらに、物価の上昇にも、歯止めがかかっていくんじゃないかなあ・・・と思います。

一方で、日本株はあまり割高だとは思っていませんし、上がり過ぎだとは思っていませんが、かといって将来的な期待感が高いわけでもないので、米国株の下落に合わせて、日本株も低迷するんじゃないかなぁ・・・と思います。

悲観的な見通しに見えるかもしれませんが、これまでが調子が良すぎたんだと思います。

僕としては、そんなに大きな投資余力があるわけではありませんが、大幅に下がれば、買いに走りたいと思います。

リーマンショック以降に投資を始めた方は、大暴落、長期的な低迷を経験しておくのも良いんじゃないでしょうか

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください