株価チャート

株価はあいかわらず好調です。

ニューズウィーク日本版で「コロナバブル いつ弾けるのか?」という特集もされるに至っています。

さわかみファンドの澤上さんと草刈さんもバブル崩壊を示唆する発言をしています。

異常な株価バブルは、一刻も早く崩壊したほうがよい

いまの相場が「バブルだ」という声は結構多いですし、コロナになるずっと前から、特に米国市場に対して「バブルだ」という声は出ていました。

僕自身が見立てていたところでは、「コロナによって、米国株のバブルは崩壊して、3割ほど下がってしばらく低迷が続くだろう」と考えていました。
そして、「日本株もそのあおりを受けて下がるが、元々割安なので、米国市場ほどは落ちないだろう」と予想していました。

一方で、コロナ禍は1年もしないうちに収束するが、株価はしばらく戻らないのではないか(元々バブルだったから、それがコロナをきっかけに是正されただけだから)・・・と考えていました。

株価が3割前後落ちるというところは間違ってなかったですが、その後の値動きは、完全に予想を裏切られました。

私だけでなく、他の投資家も、いまのような相場は予想できなかったと思います。

現状で考えると、コロナが収束したからと言って株価は上がるとは限らないなあ・・・と思いますし、いつかバブル崩壊してもおかしくはないと思います。

バブルが崩壊しない可能性もあるとは思いますけど、実体経済が後追いで付いて来るか、適正な水準の範囲に留まらないと、いずれは株価は大きな調整が起こると思います。

様子を見ながら、少しずつ現金化しておこうかなあ。。。

と思っていますし、本当に少しずつではありますが、すでにそれをやり始めているところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください