世の中はボーナスシーズンですが、新型コロナで金額を減らされたり、支給されない人もいたりして、悲喜こもごもだと思います。

セミリタイアしてしまうと、ボーナスはもちろん、給料は出ません。

「ボーナスもらえていいよなあ」と思うこともありますけど、考えてみれば、会社を辞めてからも資産運用は好調で、平均的な会社員よりも収入は多いので、別に彼らをうらやむことなんてないんですけどねぇ・・・

あと、株主投資をしていると、配当金がもらえますし、大半は入金されるのは6月と12月なので、ちょうどボーナスの代わりになるんですよね。

年間の配当金の受取額は、額面で200万円ちょっと、手取りで150万円強になるので、ボーナスの代替になっているかなあ・・・とは思います。

ただ、会社員の時もそうだったんですけど、ボーナスが出たからと言って、何を買うってことはないんですけどねぇ。

話は変わりますが、会社員時代は内勤の部署にいたので、お歳暮をもらう機会は少なかったです。
でも、平均すると、1年に1つくらいは貰っていたんですよね。

お歳暮の代わりとしては、株主優待があります。

コロナで春から夏にかけて株価が落ちた時、株主優待銘柄をいくつか仕込みました。

12月に入って、株主優待がどんどん届いていて、消費しきれないくらいです。

会社を辞めた後は、「会社員時代はこうだったのに」とか思いがちです。
本当はそういう風に考えない方が良いんですが、どうしても比較してしまいます。

そんな中で、「●●はないけど、その代わりに■■がある」みたいに考えることができれば、セミリタイア生活に入っても、後悔しないで済むのかなあ・・・とも思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください