株価チャートup

ファイザーの新型コロナワクチンに続いて、米モデルナもワクチン開発の発表を出しました。

米モデルナ コロナワクチン「94.5%の有効性」暫定結果を発表

ファイザーの発表が出た直後の発表なので、もしかするとすでに成果が出ていて、発表のタイミングを待っているうちに、先に出されてしまったので、後追いでモデルナも公表した・・・ということなのかなあ、と邪推してしまいますが。

いずれにしても、良い話であることには間違いありません。

株価は急伸し、NYダウ、S&Pともに最高値を更新してしまいました。

アメリカって、新型コロナの感染者が世界最多――という、不名誉なレッテルを貼られてしまっていますが、ワクチン開発でも常に先頭を走っていて、やっぱりすごい国だと思います。

かなり問題が多い国ですが、そういう国だからこそ、問題を解決する能力やスピード感も優れているということでしょうかねえ。

大統領選ではバイデンが当選したし、ワクチン開発にも光明が見え始めていてるし、株価も高値に収束しつつあるし、世界はだいぶ正常化に向かいつつあるなあ・・・と思いました

ただ、中国の狼藉ぶりは変わらないし、EUの情勢は落ち着かないし、中東情勢も安定しないし、アメリカはアメリカで分断は容易に収まりそうにないし・・・で、コロナとトランプ政権下での国際政治の混乱は、コロナが収束しても収束しないんじゃないかと思います。

コロナが収束しても「後遺症」は残り続けるでしょうね。

一方で、企業活動に関しては、危機時代にこそ変革、革新が起きるものだし、実際にそういうものはすでに起きています。
これから、それが加速して行って、経済活動は活性化していくんだろうな――という期待はあります。

一方で、株価はすでにそうしたことも織り込んで現在の高値を付けていると思っていますので、今後の株価の上昇については、あまり期待はしていません。

まあ、安定した日常生活が送れれば、それが幸せだと思いますけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください