株価チャートup

バイデン勝利確定で大統領選も収束を見せつつありますが、新型コロナは世界的な再拡大を見せていて、予断を許さない状況にあります。

そんな中、ワクチン開発のポジティブなニュースが出て、株価も急騰しています。

ファイザー 新型コロナ ワクチン「90%超の予防効果」と発表

大統領選の後の絶妙なタイミングで出たニュースだけに、色々と変な憶測も呼んでいますが、いずれにしても良いニュースであることは間違いありません。

ただ、株価の急伸に関しては、ちょっと疑問を持たざるを得ませんねぇ。

S&PとNYダウは最高値を更新、日経平均はバブル崩壊後の高値を更新しています。
ただし、TOPIXは道半ばというところですね。

米国株は好調、日本は大手企業は好調……という、コロナ前のトレンドを引き継いでいる感じはあります。

企業の業績も、世界経済も回復基調にはあったのですが、コロナの再拡大もあるし、世界情勢も不安定だし、何よりも企業の業績に対して明るい見通しを得るには時期尚早だと思っています。

コロナ前から、ファンダメンタルから乖離して株価は上がっていましたけど、さらにその傾向は加速しています。

コロナで暴落が起きると思っていたのですが、意外に早く回復してきて、金融市場の強さを実感しました。
現状の強さを見ると、容易に暴落はしないようにも見えるのですが、ここまでファンダメンタルと乖離しているのはやはり異常な気がしますので、どこかで暴落が起きることは覚悟しておいた方が良い気がします。

私としては、積極的に売買はしませんが、買いは控えるようにしたいと思っています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください