株価チャート

トランプの容態が気になるところですが、株式市場は「たいしたことない」ということを示しているように見えますね。

さて、石原さとみ(の結婚発表)が東証のシステムダウンをもたらしたという、都市伝説(?)が出ていますねぇ。

芸能人の結婚ショックで日経平均が暴落する説あるが、石原さとみは発表前に東証を止めた点で圧倒的にスケールが違うという話、そしてお相手の「一般男性」とは何者なのか

株価との世の中の事象との連動性については、色々な俗説というか、都市伝説というか、そういうものがあります。

名著『ウォール街のランダムウォーカー』にいくつか事例がでています。

ひとつは、スーパーボウル指標。
スーパーボウルは米アメフトにおける、「日本シリーズ」みたいなもので、アメリカン・カンファレンス(AFC)の覇者とナショナル・カンファレンス(NFC)の覇者とが戦うゲームですが、「NFCのチームが勝てばその年の相場は上昇する」法則です。
勝率は五分五分だったとしても、米国株は長期的に上昇基調にあるので、当たる確率は必然的に高くなります。
なので、株価とスーパーボウルの勝者は一見相関がありそうに見えても、何ら根拠はありません。

「ミニスカートが流行る年は株価が上がる」というのもありますが、これも同様に相関性には根拠がない。

そういえば、こういう(↓)アイドルグループがいますが、こちらは後からスカートの丈を変えてますからねえ。

株価でスカート丈が変わるアイドル@街角景気 仮面女子

「芸能人の結婚で株価が下がる」というのは、実際にそうなっていたとしても、相関性を検証するのは困難です。

いくつも事象の中から、たまたま仮説に一致しているものを取り出して「相関がある」とこじつけるのはいくらでもできますからね。

まあ、真剣にとらえずに、ネタはネタとして楽しめば良いかと思いますがね。

さて、石原さとみの結婚相手の「一般男性」についてもいろいろ言われてますねぇ。

石原さとみが創価学会の会員(今回はじめて知った)だということから、相手も学会員ではないか?とか。

あるいは、「一般男性」といっても、かなりの社会的地位と収入のある人ではないか?(「そうでなければ石原さとみと結婚できるはずがない!」というのが根拠)とか。

僕自身は、石原さとみは特別好きでもないので、結婚してもショックではなかったです。
むしろ、多部未華子の方が「残念」という思いが強いですね。

それはさておき、テレビ局勤務の人が言うには、「芸能人と一般人が結婚するのは別に不思議じゃないし、そういう芸能人は結構いる。彼らだって僕らと同じ人間だから、相性が合うかどうかって話だけだよ」とのこと。

まあ、そういうものかなあ……とも思います。

下手に芸能人同士や、金持ちやセレブと結婚するよりも、「一般人」と結婚した方が、結婚生活はむしろ長続きするかもしれないなあ……とも思います。

ちょっと話はズレますが、芸能人と同じレベルの外見を持った「一般人」もいますから、「一般人」としては、高コストの芸能人よりは、低コストの「一般人」と結婚した方が良い気もしますけどねぇ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください