株価ボード

外資系金融に勤務する友人(年収2000万円~3000万円)が沖縄に遊びに来ているという話は昨日書きました。

外資系金融の友人はコロナ禍でも快適生活

彼と、最近の相場の話をしたところ、こんなことを言っていました。

株価と実体経済の乖離はコロナ後に起こったことではなく、コロナ前から、バリュエーションと株価の乖離はすでに起きてきた。
割安株が安値で放置され、割高株が上がっていくという現象がコロナ前から続いている。
ここ数年、バリュー系のファンドは見る影もなく、ファンドマネージャーも路線変更を強いられている状況。

金融業界の人たちは、「現在の株価は高すぎる」、「いずれ調整は起きる」と考えてきた。
ただ、そういう見通しを続けてながら株式市場にエントリーする機会を失って、いまの上昇局面を逃してしまったというのが現状。

低金利の中、債券から株式に資金が流れている。
債券投資家は、債券の代替として株を買っているので、高配当株が人気を集めている。

いずれにしても、リーマンショックの時のような危機感はあまりないみたいなんですよねえ。
「経済がヤバい」みたいなことは連日報道されていますが、金融業界の人があまり悲観的になっていないのは、やっぱり不思議に思えます。

前のブログにも書きましたけど、彼はほとんど会社に行ってないそうで、彼の会社の社員も同様だそうです。
会社に行かなくても仕事はできてしまうので、いずれオフィス(もちろん都心)も縮小するんじゃないか――と言ってました。

都心のオフィス需要はかなり減退するのかな……なんて思っています(よく言われていることだけど、改めて)。

ここ数年、都心の大規模開発がされてきましたが、三菱地所とか、三井不動産とかのデベロッパーとか、その周辺の事業者とか、業績はどうなんだろうなあ……とは思います。
(株は持ってませんがね)

まあ、国内外問わず、REITはコロナで下落してから半値ほどしか戻してないので、現実はそんなもんだよなあ……と思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください