株価チャート

株価が好調ですねえ。

経済がヤバいとか、失業者数がヤバいとか、経済のニュースは良い話題がないんですけど、ナスダックのみならず、S&Pまで過去最高値に迫る勢いです。

一番感染の深刻なアメリカの株式市場が一番好調だというのも、皮肉なものですね。

大規模な金融緩和とか、ワクチン開発による収束を織り込んできているとか、株高を説明する要素はいくつもあると言えばあるんですけど、腹落ちしている人は少ないと思います。

プロの投資家さえも、「ファンダメンタルから乖離しすぎている」「株価が高すぎる」と言ってますし、新型コロナ後の相場を正しく予想できた人はまずいなかったと思います。
プロ、アマチュア含めてみんな「見通しを見誤った」と言ってますし、儲けた人がいたとしても、「運が良かった」としか言いようがないですね。

結局は、リーマンショック以降、現在に至るまで、インデックスファンドをコツコツ積み立てていた人が、最も賢明だったと言えるでしょう。

市場平均自体が強いですが、中身を見ると、銘柄ごとの明暗は明確です。
「いまは個別株で勝負した方が儲かる」という意見もあるでしょうが、上昇する前に買ったり、下落する前に空売りしたりできた人はごく少数じゃないかと思うんですよねえ。

結局は、リーマンショック以降、現在に至るまで、インデックスファンドをコツコツ積み立てていた人が、最も賢明だったと言えるでしょう。

そもそも、欧米人と日本人で、新型コロナに対する捉え方が違うんじゃないか?? という思いが強くなってきています。

沖縄にいても、白人の観光客が目立ちます(日本に住んでいる人たちと思われる)し、彼らは複数人でマスクもせずに、観光しているんですよねえ。

ニュースを見ていても、欧米では若者が集まってパーティーして三密状態をバンバン作っているし、キャンプで大規模クラスターが発生しているしで、「ロックダウンが解除されたら、自由に行動しても良い」と思っているんじゃないでしょうか?

極言してしまうと、「コロナの感染が拡大して、死者が多数出たところで、多くは高齢者だろうし、経済の大勢に影響はない」という意識があるんじゃないかとも思うんですよねえ。

人類全体が死滅するわけではないし、生き残って元気な人が社会・経済を回していけば良い――みたいな意識が、究極的にはあるのかもしれません。

日本では新型コロナにそのものに対するものよりは、「自分が感染したり、他人に感染させたりすると村八分に合う」という不安や恐怖が大きいので、どうしても活発に活動できないんでしょうねえ。。。

いまは予断を許しませんが、「感染拡大しても、経済を再開したほうが、国力は強くなる」みたいなことになれば、日本も舵を切らざるを得ないのかなあ・・・とも思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください