お金お札

クレディ・スイスによると、2000年末から19年半ばにかけて成人1人当たりの資産保有額は世界全体の2.3倍に膨らんだが、日本はわずか2割増にとどまったそうです。

日本人の資産伸び低調、世界倍増 19年で2割、低金利や住宅停滞

世界的に見ると、日本はどんどん貧乏になっているんですね。

日本人単体でみると、豊かにはなっているけど、成長率が低いので、世界各国に追い抜かれている・・・という構造のようです。

バブル期を起点にするなら、この結果もわからなくはないんですけど、バブル後でのデータですからねえ。

ただし、海外諸国は国内格差も広がってはいるので、豊かになっている人と、そうでない人の差が広がっているということでもあるでしょう。

格差はあまり広がってないけどみんなが貧しくなっている日本の状況とどっちが良いのか・・・微妙なところですねえ。

今回、東京に来てみて、デフレが進行しているんじゃないか・・・と思いました。

東京で景気低迷&デフレを感じる

この間行ってきた香港の方が、物価は全然高かったですからね。
ヨーロッパも、周辺の貧乏国に行かないと、日本より物価の安い国は見当たらなくなりました・・・

いまや、海外で資産を増やして日本で使うというのが、賢い生活者になりました。

やっぱり株も海外株の方が良いのかなあ・・・と思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください