お金

物議を醸した、金融庁の報告書が事実上の撤回が決まったそうです。

2000万円報告書の“撤回”が決定 金融庁 HPへの掲載は継続

「95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要」というのが議論を呼びましたけど、これってあるモデルに基づく正確なシミュレーションであって、別に間違ったことを言ってるわけではありません。

あっ、ちなみに2000万円というのは平均的なモデルを元にしたシミュレーションなので、当然のことながら、人によって必要な資産額は異なります。

麻生太郎金融担当相が「世間に著しい不安や誤解を与えており、これまでの政府の政策スタンスとも異なる」と正式な受け取りを拒否。

とありますけど、「どこにどのような問題があるのか?」という議論もないままに撤回されてしまったのは、残念というほかないですね。

事実上の撤回という割には、報告書はHP上では公開し続けているってことで、位置づけがよくわからなくなりました。

自衛隊みたいなもんでしょうかね・・・

メディアや日本国民にしても、この報告書を政府批判のネタにしていますけど、建設的じゃないなあ・・・と思います。

少子高齢化対策が後手に回ったとか、高齢者を優遇しすぎたとか、政策的な問題はあったと思うし、日本の年金制度も完璧なものだと僕自身、思ってないですが、少なくとも、日本という国は、自助努力する人に対しては、老後の資産形成が有利になるような制度設計はされているわけです。

この金融庁の報告書によって、iDeCo(確定拠出年金)の口座数も増えているって話もあります。

イデコの口座数が急増、「2000万円問題」が開いた投資の扉

日本国民の意識を喚起し、将来に向けた自助努力を促したたという点では、金融庁の報告書は十分評価に値すると思うんですよね。

今後、高齢者の貧困が深刻な社会問題化するという事実は、また別の問題として議論するべきと思いますが、この報告書自体をどうこう言うのは違うんじゃないかと・・・

結局、この件って「裸の王様」の物語と同じだと思うんですよね。
王様は裸(年金だけで老後行きていけない)ってことはみんな知っているのに、誰もそれを言ってはならない。
しかも、今回の場合は「王様は裸ですよ」と身内がバラしちゃったら、王様(政府)の逆鱗に触れてしまった。

言ってみれば、今回の判断は「王様は裸かどうかは、今後は議論の対象としない」ということであって、「王様は裸ではない」って主張ではないんですよね。

われわれ庶民としては、「王様は裸なことには変わりないんだから、それを知った上で対応しなきゃならない」ってことなんですよね。

そんなわけで(?)、豊かな老後を送れるよう、みなさん資産形成を頑張りましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください