お金お札

幸福度とお金の関係に関しては、いろいろ研究されていますね。

年収に関して言えば、800万円で幸福度がピークになると言われています。

では、資産額に関してはどうでしょうか?

日本の研究で「1億円」という結果が出ているそうです。

1000万円あれば安心!? 幸福感が最大になる貯金額は?

貯蓄額が1億円というのが、幸福度のピークで、そこで頭打ちになる。
それを超えると、幸福度はむしろ下がっていく・・・

当然、これは一般論であって、個人差はあるでしょう。
1億円もなくても全然幸せな人もいるし、1億円といわずお金が増えれば増えるほど幸福度が上がっていく人もいます。

僕の場合はどうかと言えば・・・

100万円の貯金もなかった学生時代は幸せでしたね。
好きなことをやれたし、未来もあった。
ただ、大人になってもお金がない状態だと、幸福とは言えないと思います。

で、自分の場合は、どうだったかというと・・・

資産額1億円で幸福度がピークになったかというと、そんなことはないですねえ。
資産が増えるほど、幸福度が上がっていったかというと、それもありません。

ただ、2億円を超えそうなあたりから、「もう、一生お金の心配はしなくても良くなるに違いない」という確信が生まれてきて、幸福度は上がったと思います。

やっぱり、「経済的な不安がない」というのは大きいですし、幸福度に与える影響は無視できないと思います。

では、これ以上資産が増えたらどうなるか?

僕の場合は、やっぱり幸福度は資産が増えるにつれて上がっていくとは思います。
ただ、幸福度の上昇率は資産の上昇率と比べて、明らかに鈍くなるでしょうね。

貯金が100万円もないときに1千万円入ってくるのと、2億円の資産があるときに1千万円入ってくるのとでは、全くインパクトが違います。
いまの状況だと、1千万円増えたところで、人生はあまり変わらないんですよね。

ただ、2億円あったとしても、周囲の人たちがみな自分よりもお金持ちで、豊かな生活を送っていたとしたら、幸福度は下がると思うんですよね。

「人と比べるべきではない」というは真実ですが、人間は、どうしても他人と比べて自分がどの位置を占めているかで判断してしまうんですよねえ・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください