お金持ち

SMBCコンシューマー・ファイナンスが「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」という調査をやっています。

30、40代「貯蓄ゼロ」が23%の衝撃。平均額52万円減少も

SMBCコンシューマーファイナンス調べ 働き方改革の影響? 30代・40代ビジネスマンの半数以上は、退社後寄り道をする“フラリーマン”

こういう調査って、調査によって結果が異なっていたりするので、必ずしも世の中の実態を正確に反映しているわけではありません。

ただ、この調査結果は肌感から言ってもも妥当な感じはしますね。

貯金学に関しては、平均値に密集しているのではなく、ほとんど無い人と、たくさんある人(数100万円~1000万円以上)に二極化している傾向が見られています。

30代、40代になってくると、社会人になったあとに、いくら稼いでいくら蓄積してきたかが差がついてくるんですよねえ・・・

収入が低いと貯蓄も少なくなるんでしょうが、収入が高くても貯金が全然できない人もいますね。

僕の知っている人でも、40代後半で年収1000万円を超えているにもかかわらず、浪費へ気があって貯金は全くなく、それどころかカードローンで借金を抱えています。
給料日やボーナス支給日前になると、いつもお金がなくなってしまっています。

「仕事をリタイアする年齢までに、どのくらいの貯蓄があれば安心だと思えるか?」という質問に対しては、

20代 4,026万円
30代 4,955万円
40代 5,473万円

というのが平均らしいです。

年齢が行くほど、金額が高くなってますねえ。

定年まで仕事を続け、定年後もアルバイトすれば、こんなにいらないと思いますけどね。
そもそも、貯金の実態と比較すれば、安心してリタイアできる人はほとんどいないってことになってしまいますねぇ。
逆に言えば、そういう時代が来てしまったってことですね。

「30代・40代の半数以上が結婚を考える年収額として500万円が節目となっている」

とのことですが、この基準を適用すると、結婚できない人が大量発生してしまうことになりますね。

GDPが世界第3位の国の調査の結果とは、とても思えませんね・・・

日本人が心配性過ぎるのもあるんでしょうが、収入が増えない中、保険料や年金の負担は増えるし、物価は上がってきていますから、実際にお金の不安は大金だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください