計算機

もう人生の半分は過ぎていると思うわけですが、そろそろ、お金の「出口戦略」を考えたいところですね。

ひとつは、国民年金を何歳から貰うのか?という点です。

現在は65歳から需給となっていますけど、60歳に繰り上げることもできれば、70歳に繰り下げることもできます。
制度変更で、75歳への繰り下げも可能になります。
繰り上げ受給すると減額になり、繰り下げ受給すると増額になります。

詳細は、下記の記事を参考にしてもらえればと思います。

年金は何歳からもらうのが一番おトクなのか
75歳からもらえば、受け取り額は約2倍に?

繰り下げられるなら繰り下げるに越したことはないのですが、「いつ受け取るのが良いのか?」というのは、意見が分かれるところです。

「どうせ受け取るなら、たとえ減額されても早く受け取ってしまった方が良い」という意見もあります。
繰り下げて受け取らないでいるうちに死んでしまったら意味が無いですから、この説も分からなくはないです。

ただ、僕の人生設計上は、自己資金で行けるところまで行って、できるだけ年金の需給は遅らせるつもりです。

自分の遺産を相続したい人がいるわけではないから、使えるだけは使ってしまって、足りなくなったら受給すればよいかな・・・と思っています。

投資資金をいつ引き上げるとか、年間でいくらくらいのお金を使うのかとか、今から考えておきたいと思うんですよね。

現状では、お金が足りなくなるリスクよりも、余ったまま死んでしまうリスクのほうが高いんですよねえ。

資産を積み上げたところで、お金を墓まで持っていけるわけではない一方で、老後で稼ぐ力がなくなった後に破産するわけにもいかない。

そのバランスが難しいところなんですよね。

人生の前半はそういうことは考えずに、稼げるだけ稼いで、貯められるだけ貯めるのがよいと思っています。
そうすると、金融資産がお金を生み出すようになりますから、人生の後半が経済的にだいぶ楽になるんですよね。

人生の後半は、時間とお金をどう使うかということも考えなければならない。
変数が多いだけに、こっちの方が、難しいんですよね。

まあ、僕の場合は、お金を使うことで得られる快感は少ないので、別にお金を使う必要も感じないんですよねえ・・・

「だったら、働く必要もなければ、資産運用して増やす必要もないじゃないか?」と言われそうですけどね。
お金は持っている分には、損はないですからねえ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください