労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です
ホリエモン豪語「月2万円で家事代行」は可能か?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150216-00000003-wordleaf-soci&p=2

この話題って、1週間ほど前にちょっと盛り上がって、また再燃してますが……
でも、当初の主旨って「家事の分担で夫婦喧嘩するくらいなら、お金払って外注した方がいいんじゃない?」ということだったはずです。
「2万円で頼めるか?」というコストの問題じゃなかったはずなのですが。
時間をお金で買うことは良いことだと思うし、女性も働く時代では、多少金が掛かっても、家事をアウトソースするのは賢明な選択だと思います。
子供がいるなら事情は変わりそうですが、夫婦共働きの世帯では成り立ちうると思います。
まあ、そもそも、それだけの経済的余裕がある世帯が少数派だということが議論を生むのでしょうが。
でも、DINKS(って死語?)で経済的余裕がないというのは、労働効率が悪いか、無駄使いし過ぎているか、何らか別の所に問題がありそうな気もするのですが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください