お金持ち

多くの人は、お金がたくさんあればあるほど幸せになれると思っています。

実際に、お金を持っていても、幸せにはならないどころか、苦労を抱えてしまうことも多々あります。
母親にお金を奪われ、裁判になり、やっと解決したという話は、先日書きました。

母親との裁判で疲弊した

結局、これをきっかけに、もはや親子関係は修復できないところまで崩れてしまいました。
僕にお金かなかったとしたら、母親にお金を奪われることもなかったし、絶縁することもなかったでしょう。

宝くじで高額当選した人たちが、散財しまくって、破産してしまい、当選前よりも貧しくなり、人生も狂ってしまう・・・という話はよく聞きます。

こういう場合は、言ってみれば自業自得ともいえます。

ただ、いくら自分が冷静を保っていても、周囲の人たちが狂ってしまうと、自分の平穏な生活は成り立たなくなります。

事業で成功した知り合いも、お金持ちになった時、顔も見たことのない親戚がお金の無心に来たりしたそうです。
経理担当にお金を持ち逃げされたり、奥さんに愛人ができて、2人して結託してお金を奪い取られたりと、波乱の人生を送りました。

僕の場合は、「いくらお金を持っている」という話は、家族はもちろん、友人・知人にもしていません。
それでも、それなりのお金を持っていることは、隠すことはできません。

だから、親にお金を奪われる結果になった。

「お金をたくさん持っているから、多少は奪っても悪くない」なんて思う人が多いんですよね・・・

親に限らずなんですが、お金が目当てで寄ってくる人もたくさんいます。
僕自身は、そういう人に対する嗅覚がある方なので、男女問わず、そういう人とは距離を置くようにします。

それ以外にも、お金の無い人たちとの付き合いには気を遣わないといけないし、これまでの友達とも、安直にお金の話はできないんですよね・・・
友達は、僕の資産額は知らなくても「お前はお金持ってるから・・・」みたいなことを言ってきたりするんですよねえ。

生きれていれば、人に対して気を遣うことは多いですが、お金があるがゆえに、気を遣わなければならないことはどんどん増えてきます。

だからと言って、お金を持っている人としか付き合わないと、モノの見方も偏ってくるし、自分よりお金のある人に羨望の念をいだくようになったりするので、それはそれで面倒くさいんですよね・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください