労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

株価も本格的に回復でしょうか?

以前相談に乗ってもらったファイナンシャルプランナーの方に再会する機会があり、近況報告しました。

再度「今でも1.5億円を超えたら本格的にリタイアを考えたいと考えています」という話をしたところ・・・

「まだお若いですから、1.5億円だとちょっと不安ですね」と言われました。

前回、同じFPの方と会話した時も同じこと仰っていましたが・・・

でも、年収500万円の人が、45歳から65歳まで20年間働いたとしても1億円です。
それに加えて、5000万円分あるんだから、足りなくはないと思うんですが・・・

まあ、生活レベルを落とさないということを前提に仰っていることだと思います。

それはそれとして、常陽銀行の係長が1億4000万円を着服して懲戒解雇されたというニュースがでていました。

常陽銀行 1億4000万円着服で懲戒解雇

着服した金を自分のFXの損失に充てていたというのが、ちょっと情けないですね。
金融機関にいながら、FXに手を出して、しかも損失出すなよ!!
と言いたい。

そういえば、今年、三菱東京UFJ銀行でも1.1億円の着服がありました。

銀行ってすごいですね。
お金がグルグル回っている中で、多少くすねてもバレない。
1億円くらいになってはじめてバレる。
実際、バレてない人もまだいるのかもしれません。

以前日記にも書きましたが、銀行に限らず、運送会社から6億円着服というのもありましたね。

お金の魔力~横領とか賄賂とか~

着服ではないですが、最近金額で驚いたのが下記です。

中東航空会社のCA、機内のトイレで客相手に売春 2年間で1.2億円稼ぐ

1回あたり27万円って、すごいですね~。
トイレで飛行中にやってたというから、さほど時間は要してないはずです。
高級ソープの長時間コースなんかよりよっぽど高いんじゃないでしょうか?
相場知らないから良くわからないけど。
しかし、トイレで2年間も売春やってよくバレなかったなあ・・・
ある意味、感心しますね。
よっぽど美人だったのか!?
いくら美人でも、トイレで1回27万円は高すぎるっ!

あれ?

いつのまにか、話がそれた。

こういうニュースを見ていると、1億円というお金がいかにも軽いものに見えてきます。

僕がここまで来るには、15年以上節約生活を続け、あまったお金は投資に回し、本を何冊も読んで勉強し、銘柄分析をして売買し、下落にもじっと耐え・・・
とそれなりのことをやってきたわけですが。

あまりにも簡単にお金が手に入ってしまうなら、ついズルしてしまう気持ちも分からなくはないですね。
まあ、バレたときに支払う代償が大きいわけですが。

にしても、バレずにズルして億単位のお金を懐に入れている人も、少なからず世の中にはいそうな気もします。

あーあ。あと2億円でいいから欲しいなあ。


2件のコメント


  1. 物理的には、それなりに重いですけどね(4千万円まで物理的に鞄にいれて持ち運びしたことがあります)。
    まぁ、物理的でない1億も軽すぎるとは言いませんが、軽く見えるときもあるんでしょうね。往々にして、お金の重みが感じない状況なんてものは、想像力が欠如しつつある場合が多そうだと思いますけど。10万円ぽっちとか、100万円ぽっちとか言えるのは、そういうことを言えない人もいることが想像できていないということなんでしょうね(自分にも当てはまりそうで、注意しないといけないのですが)。

    返信
  2. bucketlist

    感覚が狂ってくるから、横領や詐欺を働くんでしょうね。
    あるいは、少額くすねているうちに感覚が狂ってくるか・・・
    1億円なんて、普通に働いて稼ぐなるとかなりの時間がかかるので、決して軽いものじゃないと思うのですが。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください