お金お札

トヨタの外国人副社長の役員報酬が最高額の10億円を突破したそうですね。

トヨタ、ルロワ副社長に10億円 過去最高の報酬

豊田章男社長の報酬が3億8000万とのことなので、社長よりも高額の報酬を貰っていることになります。

Yahoo!のコメント欄を見ていると、「報酬にふさわしい仕事してるのか」「下請けを搾取して儲けてるんだろう」「副社長に高額報酬支払うなら、車の値段をもっと下げろ」みたいなコメントが目立ってました。

一般庶民の視点からすると、そういう意見はわかります。

ただ、経営者としてみると、違った見え方になると思います。

10億円の報酬を払うことで、海外事業が10億円以上の利益の上乗せが見込めるのであれば、高額報酬を支払うことは合理的と言って良いでしょう。
あるいは、競合他社に逃げられる機会損失というのもありますからね。

グローバル的には、大企業の幹部が10億円以上の役員報酬を受け取るのは、珍しいことじゃないですね。
日本が特殊なのですが、僕自身は日本の特殊な状況の方が好ましいと思っています。
ただ、この特殊性とグラーバル化の矛盾のせいで、トヨタに限らず、日本人社長よりも高額報酬を受け取る外国人役員が出てきてしまっています。

ただし、トヨタの場合、この状況は不自然とも言えないんですよね。
ソフトバンクが、ニケシュ・アローラに半年間で総額165億5600万円の報酬を支払っていた(孫社長よりも高い)というのも同様です。

両者の共通点は、創業者、あるいはその末裔が社長であり、社長がかなりの金額の自社株を保有している点です。
豊田章男氏は、自社株から得られる配当金と役員報酬を合わせると、13億円と言われています(正確な金額はわかりませんが)。

優秀な役員を起用することで業績が伸びれば、株の含み益も増えるし、増配されれば、受け取れる配当金も増加します。
たとえ高額報酬を支払ったとしても、得られる利益の方が大きければ、役員を起用し続けるでしょう。

まさに、資本主義社会はそういうものなんですよね。
一社員として雇われ、コツコツ真面目に働き続けた所で、そこに留まり続ける限り、お金持ちにはなれないんですよね・・・
日本式経営が敗北している現在、日本企業も「グローバル基準」に従わなければならなくなるでしょうね。

資本家 >>>> 経営者 >>>> 労働者(社員)

という資本主義の原則が、これから否応なしに浸透していくことになると思います。
良いか悪いかはさておき、資本主義社会で生き抜くためにはそうならざるを得ない・・・ということだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です