結婚

われらが個人投資家の素晴らしき友、山崎元氏がなかなか面白い記事をお書きになっています。

なぜ男が結婚するには「年収600万円以上」が必要なのか

タイトルだけ見て、「なんだ、金にこだわる女の話か!」とイラッと来る人(男性)もいるかもしれませんが、読めば納得です。

家事を「労働」と見なした場合、労働に見合った報酬が稼げるかと言う基準で測っているんですね。
専業主婦の家事を労働と見なし、その賃金を夫から得るという発想で行くと、夫には590.5万円の税引き前年収が必要と算出されるんだそうです。
ただ、これは子供がいない場合で、育児を労働と見なすと、もっと高くなる。

相手の男に「年収○○万円以上」みたいな条件を求める女性は、「愛情よりもカネなのか!?」みたいな批判を集めがちです。
でも、結婚に伴う、経済効果を考えると、年収に条件を求めるのはおかしなことではないですね。

労働者が「給料が低いから転職したい」「給料が高い会社に行きたい」というのは、普通に受け入れられます。
女性が「夫の稼ぎが悪いから離婚したい」「収入の高い男と結婚したい」というと、批判されがちです。

主婦業を労働と見なすと、上の2つは同じことですね。

一昔前は、結婚して専業主婦になることを「永久就職」なんて言ってました。
いまは、離婚リスクも高まっているし、夫がリストラされたり、出世できずに収入が頭打ちになったりしますので、「永久就職」とはとても言えないですね。
いちど仕事を離れてしまうと、再就職は難しいです。
専業主婦になるのがお得だとは言えない。

いまの時代、共働きで家事は分担するのが一般的になりつつあるので、そうなれば、結婚時の男の年収は重要ではなくなるはずです。
色々な価値観で測られるようになるから、男にとってもラクになるんじゃないかな・・・
まあ、家事分担もして、年収条件も付けられるとなると、今度は男側にとって、「労働条件の悪い結婚」となります。

愛があれば条件は乗り越えられるのかもしれませんが・・・

男も女も、もっと楽して生きる道はないモノかなあ・・・なんて思ってます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください