結婚

「独身税」が急上昇ワードとして上がってきていましたが、下記の報道が影響しているみたいですね。

かほく市ママ課「独身税」提案 財務省主計官と懇談

別に、自治体が独身税の導入を検討しているという話でもないし、子育て中のママが集まるプロジェクトで一般人から出された意見なんですよねえ。
目くじら立てる必要もないんじゃないかなぁ・・・と思います。

母親たちからすると、そういう意見が出てきてもムリない。
一方で、ネット住民からは批判を受けて炎上するのもムリはない。
そこには断絶があるんですねえ。

さて、独身税はブルガリアで過去に導入されたことがあるんですね。

結婚しないと課税される!?ブルガリアの「独身税」

でも、失敗したみたいですね。

日本では、収入が少なくて結婚できないっていう人達が多いのに、その人たちからお金を搾り取ったら、ますます結婚しなくなるでしょう!
一定以上の資産、収入がある人を対象にしないとダメでしょうねえ。
でも、そういう人は、税金を課されたところで、結婚しようとは思わないでしょうねえ。

僕自身、家族を支えている友人を見ていると、「申し訳ないなあ」と思うことは良くありますね。
自由になるお金も時間も、圧倒的に少ないです。
そうした中で、未来の日本を、いや、これからの世界を支えていく、貴重な人材を自腹を切って育てているんですよ。

僕自身は独身税は払っても良いとは思いますけど、制度的にはダメでしょうねえ。
やるなら、お金持ちの高齢者から吸い上げることを考えた方が、よほど社会制度としては合理的かつ有効だと思いますね。
まあ、政治家も票田を疎かにはできないでしょうから、意外に難しいんでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください