お金お札

高齢者を狙った詐欺って、良くありますけど、また高額の事件が起きましたねえ・・・

84歳、1億4千万円だまし取られる 兵庫県内最高額

こういうニュースを見るたびに、「高齢者って、お金持ってるんだなぁ」と思ってしまいます。
若い人は、同情よりも羨望の念を抱くんじゃないでしょうか?

事件は世相を反映していますねえ。

高齢者が裕福だけど、一人暮らしだったりすると、お金の使い道はありませんね。
それを狙って、詐欺師が跋扈する。

そういえば、僕の実家の知人に、旦那に先立たれて一人暮らしの老女がいます。
彼女、詐欺師にあってかなりのお金をだまし取られていたそうです。

安物の絵画を高値で売り付けられていたみたいですが、詐欺師は最初は親切にしてくれて、孤独な老女の話し相手になったりして、それで信頼を得たみたいなんですよね。
ずっと信頼関係が続いて、老女の相手を続けていれば、必ずしも詐欺とは言えないのかもな・・・と思います。
でも、現実はお金が尽きた時点で見切られてしまいますからねえ・・・

ひとり暮らしの老人を対象とした基金みたいなものがあればいいんじゃないかなあ、と思います。
ヘンな使い方をしないように資産を預かって、運用しながら、生活する上で十分な一定額のお金を払い戻していく。

で。お金を預ける時に、自分が死んだら残りの資産をどう使うかを、最初に指示しておいて、それに従って、遺産は社会に役立つように使ってもらう。
すでにあるのかもしれませんが、高齢者の資産を若い世代に有効配分することって重要だと思います。

でも、詐欺師の手に渡って、不本意な使われ方をするのではなく、社会に歓迎していく方法が取れればいいんなじゃないかなぁ・・・って思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください