労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

大手企業の夏のボーナス、89万2138円 過去3番目の水準

というニュースが出てました。

とは言いつ、「ボーナスが増えたから、愛人でも囲ってみるか」「ボーナスが増えたから、高級ソープにでも行くか」みたいな話はあまり聞きません。
一方で、「アベノミクスの恩恵なんてない」「消費税増税で生活が苦しい」という意見を耳にします。

実際、今月初頭の厚生労働省の国民生活基礎調査でも、そのことが伺えます。

生活がやや苦しい、もしくは大変苦しいと回答した世帯は全体の62.4%!厚生労働省が実施した、2014年の国民生活基礎調査にて。

これって、一体どういうことなんでしょう?

「恩恵を蒙っているのは、大企業だけ」
「収入の増加よりも、消費税増税と物価高の影響の方が大きい」

ということかもしれません。

でも、このアンケートは主観的なものですよね。
僕が聞かれたら、答えるのに窮します。
僕の場合、収入の半分以下で生活しているし、30年間収入ゼロでも生活できるので、そういう意味では「大変ゆとりがある」と答えるべきなのでしょう。
でも、生活レベルが低いので「ゆとりがある」とは答えにくいんですよね。

株価も上がったし、景気の良いニュースも出てきている。
にもかかわらず、生活はあまり変わらない。
それで「生活が苦しい」と思ってしまうのかもしれません。

僕の場合、学生時代は極貧生活を送っていましたが、「生活が苦しい」とは感じていませんでした。
主観というか、人間の感覚というのは、なかなか杓子定規には測れないもんですね。

では、良い週末を!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください