老人

昨日、親と祖母との介護を巡って絶交したという話を書きました。

アーリーリタイアの最大のリスクは家族だった!?

うちの家族は、ずっと自営業だったせいか、会社員の僕とは金銭感覚が全く違います。
お金が無くなると借金をして、返し終わると新たに借金をしたり、将来の収入を食いつぶすような行動に出ます。

思い返せば、僕が小学生の時から変わってないんですよね。

小学生の時、お年玉をずっと貯金していて小学校高学年になる頃には10万円に達していたのですが、実家のお店の経営が悪化していたとき、全部親に使われてしまいました。
いまだに返ってきていません。
そのことを指摘すると、「あんたを育てるのにいくらかかったと思ってるの!?」と逆ギレしてきます。

中学生の時も、お小遣いで貯めたお金を、親から勝手に通帳から降ろされたりしてました。
その分は、収入が増えた時に返してもらえましたが。

それから、しばらくは大人しくしていたのですが・・・

僕が社会人になったとき、「マンションを買いたいから連帯保証人になってくれ。頭金を出してくれ」と頼まれました。
イヤだったのですが、「今後、生活を改める。貯金もして、老後のために備える」「収入が多いときは繰り上げ返済に充てる」という交換条件で、連帯保証人になり、頭金として200万円を出しました。
僕としては田舎に不動産買っても得するとは思えなかった(しかも、親は信用力が低いから金利は3%程度)のですが、「借金の返済が終われば不動産は資産として残るし、浪費してお金を使い果たされるよりはマシかも」と思ったんです。

ところが・・・

それからしばらくし、親は調子に乗って、家具を買ったり、旅行に行ったり、英会話学校に通ったり、と浪費がひどくなりました。
「話が違う!」と僕は激怒して、大喧嘩になりました。
結局、頭金は返してもらうことになりました。
最終的には、全額返してもらえはしたのですが、途中返済は滞ったし、利息も貰えません。

さらに、借金の残額が400万円になった時、「400万円を貸してくれないか? それを全額返済に充てて、あとは生活をしっかり立て直すから」と頼まれました。
普通に返済していると、定年になっても完済できません。
で、僕が400万円を出して、借金を完済し、毎月親が僕に20万円ずつ返済する・・・というやり方を取りました。
やはり、お店の経営が悪化した時、何度か返済は滞りました。
ちなみに、親自身はローンの繰り上げ返済は一切しませんでした。

で、やっと返済が終わったのが10月(先月)です。

新たに「マンションを借りる」と言ってきたのが、今月に入ってから。

祖母の介護を理由にしていますが、結局、借金を完済して安心したから、次のお金の使いどころを探していたんでしょうね・・・

で、僕が連帯保証人になるのを断ったら、激怒した。

僕には、「祖母のため」というのを盾に取って、新たな出費をしたいだけのように見えてしょうがないんですよね。
それは言い過ぎかもしれないけど、「マンションを借りてあげることが祖母の幸せのためになる」と頑なに信じて疑わない。

お金がなくても、「お金のかからない解決策を講じる」というのは全く頭にありません。
お金を使わないことは、「利己的で、強欲の、血も涙もない守銭奴だ」ぐらいの勢いです。

結局、家族(お金があるのは僕だけなので、結局は僕一人ですが)からお金をむしり取るという結末に陥りがちなんですが・・・
自分が家族(今回場合には祖母)のために正しいことをしていると思い込んでいるんですよね。

まあ、結局、金銭管理能力って、生まれつき、あるいは幼少期に決まってしまうもので、後から身に付くものじゃないんだろうなあと思います。

極めて善意的に解釈すると「親という反面教師がいたおかげで、いまの僕が金銭的に豊かでいることができる」とも言えます。

色々ありはしたけど、家族に犯罪者や反社会的な行為を犯した人はいないので、まだマシかなあ・・・と思います。
逆に、そんな風に考えないと家族関係やっていけません


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください