お金持ち

労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

さっき知ったんですが、NHKのニュース番組で特集した「子どもの貧困」で取り上げられた貧困JKが実は「豪遊」していたということが発覚して炎上しています。

NHKでまたも「ヤラセ」発覚!? 「貧困女子高生取材」の「実生活」が違いすぎて……

NHKがヤラセをやっていたのか否かというのが第一にあると思います。
何とも言えませんが、ヤラセだったとは言い難いのかな・・・と思います。

これに関して(その他の発言はともかく)は、イケダハヤト氏の意見に賛同できますね。

貧乏人は、お金の使い方を知らないから貧乏なのです。

貧困=お金が使えない状態

という先入観がありますが、必ずしもそうではありません。

僕の子供の頃、実家の商売がうまくいかず、借金が焦げ付いて倒産・・・という憂き目にあったことがあります。
それで、一時的に貧困状態に陥ったのですが・・・
あばら家で雨漏りする家に住んでいるのに、子供(僕)がパソコンを持っている、という状態でした(当時としては自宅にパソコンがある家庭は珍しかった)。
新聞配達して買ったんですが。

親は親で、羽振りがよい頃の生活が染みついていたせいで、着ている服も高級品(と言っても知れてますが)が多かったりしました。
クリーニングに出すと「良い服ですねえ」なんて言われたりしたものでした。

傍から見ると不思議な家庭だったと思います。

その時と比べると、むしろいまの方が「貧困家庭」のイメージに近い生活を送っています。

広義の貧困とは「収入+資産 < 支出」ということかと思います。

この定義に基づくと、収入がそれなりにあっても、貧困に陥っている人って結構いると思うんですよね。
(NHKの特集がそういうものだったのかはさておき)

昔、僕の姉がホームレスからお金をせびられて、500円あげたんだそうです。
そしたらそのホームレスがもらったお金で自動販売機でジュースを買ったそうです。
「私は節約して自動販売機でジュースなんて買わないのに! 私の方が恵んで欲しいわよ!!」と憤ってました。

日雇い労働者の多くは、稼いだ金をギャンブルと風俗に費やして、いつまで経ってもお金が貯まらないんだそうです。
ギャンブルや風俗にお金を使うのは一般的には「無駄遣い」ですが、彼らはなけなしのお金をそれにつぎ込むんですよね。

全てがそうだとは言わないけど、日本の「貧困」なんて、そんなものだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください