平均貯蓄額

総務省が発表した「平均貯蓄額」の話題は、以前にも書きました。

もはや貯蓄額に「普通」とか「一般」は存在しない

新たに、下記の記事が出てました。

普通の家計の貯蓄額は1805万円か997万円か? – 櫨浩一

ニッセイ基礎研究所の研究員の方がお書きになっているだけあって、しっかりとデータを読み解いて語られてますねえ。

たしかに、「平均的な」家庭の貯蓄額は、1805円といわれるより、997万円といわれた方が肌感に近いし、しっくりときます。

私の地元の家族や親戚を見ても、これ(997万円)にちょっと足りないくらいじゃないかと思います。

「普通の家庭の貯蓄額は、せいぜい1000万円弱」というのを前提とすると、世の中の一般大衆の行動原理がよりよく理解できるようになります。

なぜ、就職先として公務員がいまだに人気なのか?
地方公務員の退職金は2000万円と言われています。
一般企業とは1000万円近くの差がある。

現役時は、同じ1000万円の貯蓄があったとしても、退職後は公務員は3000万円、一般企業では2000万円となり、1.5倍の差がつく。
いまは、公務員の共済年金は、一般企業と同じ厚生年金に統合されてしまったけど、以前は年金でも格差がありました。
この差は意外に大きい。

不動産の有無と言うのも重要ですね。
同じ1000万円の貯金を持っていても、時価3000万円の不動産があるかないかで、資産に4倍の差があります。

日本では、公務員のステイタスが高かったり、不動産へのこだわりが強かったりするという傾向がありますが、まあ分からんでもありません。

例えば、3億円の貯金(金融資産)があれば、退職金に1000万円の差があったところでたいした違いではないし、持ち家があるか否かもさほど問題ではありません(持家の価値が大きければ話は別ですが)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください