リオのビーチ

みなさま、GWはいかがお過ごしでしょうか?

円高が異常に進んでおり、日本市場の下落が気にかかるところですが。。。

まあ、せっかくの休みなので仕事や相場のことは忘れてゆっくりとすれば良いと思います。

さて、最近海外に来るたびに、物価が上がっていることに気づきます。

中国なんか特にそうです。
シンガポールやオーストラリアは、いまや日本より物価が高いそうです。
これらの国は、もはや発展途上国とは言えません。
東南アジアの国々を見ても、まだまだ安いですが、以前ほどには割安感はないです。

もちろん、円安の影響は大きいですが、実際に現地に行って、経済成長ぶりを見ていると、日本は発展から取り残されてきたのかも、、、と思います。
「失われた10年」、「失われた20年」なんて言われてきましたが、日本が足踏みしている間に、周辺諸国がどんどん成長してきた気がします。

反韓、反中の動きを見ていても、以前は「日本よりも遅れた国」として見下した発言が多かったです。
いまは、そういう発言をしていても、どこか彼の国に脅威を感じているようなところがあります。

以前は先進国で、いまは衰退した国に、アルゼンチンがあります。
「日本もアルゼンチンになるんじゃないか?」みたいな議論は良くなされてきました。

僕自身は、日本はアルゼンチンとは違うと思いますし、アルゼンチンのように衰退するほど、政治、経済基盤は脆弱ではないと思います。
ただ、他国がどんどん発展していく中で、相対的な優位性が揺らいでいっているのは紛れもない事実だし、今後もそれは進行すると思います。
アメリカのように世界先端と先進国でありながら、それでもなお発展し続ける原動力は、残念ながら、いまの日本にはもはやないのかも、、、と思います。

そういうことは、海外に来てみて改めて実感します。

「日本は素晴らしい!」「日本は進んでいる!」

そう思いたいところですが・・・
そうであるところもあれば、そうでないところもある。
というのが現状です。

これからの日本は「そこそこ発展した国のひとつ」くらいになると思います。
すでになっているのかもしれませんが。

だからこそ、一年ほど前から海外市場に資金を徐々に移したりしている訳ですが。

結局、そのことを自覚しながら、働いたり、投資をしたりというのが今後必要なんじゃないかなあ・・・といつも思っていることを、改めて思った次第です。


2件のコメント

  1. 馬三人

    私も3月に上海へ旅行したのですが、物価に関してはほぼ日本と同じでしたね。
    日本は家賃と交通費がバカ高いので、物価を押し上げていますが、その他生活費は他のアジア諸国とさほど差が無くなりつつあるのかな?
    これからの日本の立ち位置は「尊敬される先進国」では無いでしょうか。文化、景色、生活スタイルなど他国から憧れる国、フランスみたいな感じ?
    ただ未だに労働条件・生産性が発展途上国並みなのがダメですねー。

    返信
    • bucketlist

      元商社マンで定年退職した知り合いのおじいさんが、「これからの日本は脱ア入欧だよ!」と言っていました。
      「ア」はアメリカで、アメリカ型ではなく、ヨーロッパ型の社会を目指すべきってことだそうです。
      右肩上がりの経済が望めなくなっている以上、これからは成熟を目指すべきだと言うところなんでしょうね。
      歴史と文化のある日本には、それは可能だとは思いますが、当の日本人がどのくらい進んでそれを受け入れるか・・・
      あと、なんだかんだ言っても、欧州は賃金も生産性も結構高いですからねえ・・・

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください