銭湯
写真はイメージですっ!!

自宅近くに銭湯があるのですが、今まで行ったことがありませんでした。
お金がもったいないので。
ちなみに、女性が色々と特殊なサービスしてくれるという浴場にも行ったことはありません(!?)。
お金がもったいないので。

でも、たまにはちょっとした贅沢してみてもいいかな(!?)ということで、週末に行ってきました。

もちろん、特殊浴場・・・
ではなくて、銭湯に! ですよ。

いまは入浴料が460円もするんですねぇ。
僕の学生時代には、300円くらい(あるいはそれ以下)だったはずなんですが・・・

でも、広い風呂にゆっくり浸かるのは気持ちいいですね。

さて。
風呂上りに、入り口のソファーでくつろぎながら涼んでると、番頭さん(30代後半くらい?)と常連客が会話を始めました。

(番頭)最近、学生時代の同級生と会ったんですけどね。独立して商売はじめて、景気が良いみたいですよ。年収5000万円くらいあるみたいです。

(常連客)ええっ? 何している人なんですか?

(番頭)昔は銀行にいて、その後で証券会社にヘッドハントされたんですけどね。今は独立して、証券やら不動産屋やらの投資サービスみたいなことやってるようですね。お客さんは10億円以上持ってる人限定とか言ってましたよ。世の中にはそんな金持ちもいるみたいですね~。接待と称して、モナコやらハワイやらで遊んでるみたいですよ。

(常連客)へえー。世の中にはそういう人もいるみたいですねえ。

(番頭)彼の叔父さんと言うのがまたすごくて、投資関連で10年以上、年収1億円超えを続けてるそうですよ。その人がリーマンショックの後に買った、NYの不動産が倍になってるそうですが、なんと10億円が20億円になったそうです。同級生はその叔父からいろいろ学んだみたいでね。元々、同級生の中でも一目置いてたけど、いまや違う次元に行っちゃった感じですよ。

(常連客)世の中、格差社会ですねぇ。僕何て、生涯収入が1億円行くか行かないかってとこなのに・・・ 5000円分の株主優待もらって喜んでいる自分がバカバカしくなってきたなー

僕も5000円分の株主優待もらって喜んでるんだけどな・・・(心の声)

(番頭)そいつ、きっと株式上場狙ってますよ。そうなったら、もっと金持ちになりますよ。あーあ。少しだけでも出資させてもらえないかなあ・・・

(常連客)もはや生きる世界が違いますね~(溜息)

金を稼いだ話って、尾ひれはひれがついた、いわゆる「フィッシュストーリー」が多いので、鵜呑みにはできないとは思うけど、えらく景気の良い話です。

それにしても、銭湯でこんなシュールな会話を聞くとは思わんかったな~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です