労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

株価が下がり気味ですね。
積極的に売りも買いもできないような微妙な状況です。
まあ、こういうときは何もせず、人生を楽しむのが良いでしょう。

さて、橘玲さんが面白い記事を書かれています。

第49回 ソムリエ欺くワイン偽造団 (橘玲の世界は損得勘定)
http://www.tachibana-akira.com/2015/04/6809

ソムリエでも、ワインの質を見抜くことができない・・・
分からない結果ではないものの、ここまでとは思いませんでした。

実は、僕もこういうことに興味があって、友達を集めてテストしたことがあります。
10万円もするような商品での比較はできませんが、それなりに高いものと安物とを比較したことがあります。

10175043_10152784584434046_2155526528381643622_n

下記のような結果でした。

  • 赤ワイン 高級品と安物 ⇒ 正答率100%
  • 白ワイン 高級品と安物 ⇒ 正答率70%
  • プレミアムビールと第3のビール ⇒ 正答率70%

さほどひどい結果ではないですが、「値段の差ほどには味は違わない」とみんな言っていました。

僕は美術館に行くのが好きなのですが、自分の審美眼には疑いの目を持っています。
ジャカルタに行ったとき、地下街のコンコースに子供が描いた絵が展示されていました。
現代美術的な絵もあって、思わず見入ってしまいました。

「これが美術館に展示されていたとすると、有名画家の絵と違いが判別できるんだろうか?」

そう疑問に思いました。
たぶん違いは分からないと思います。

そして、「誰の作品であろうが、自分が良いと思ったものは良い作品だ」と決めました。

これはすべておいて成り立つと思います。
どんな安物であっても、自分が満足できればそれでいいし、高級品でも良くないものは良くない。

逆に、あらゆることに満足できれば、その人は幸せだ。
そう思うようになってから、自分の生活に対する満足度は上がったと思います。

お金がなくても幸せになる秘訣は、「与えられたものに満足をすること」だと思いますよ。
ちょっと説教くさかったかな?

では、また。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください