労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です
ここ2日間の株価の動きはなかなか酷いものがありますね。
昨日の記事になりますが、野口悠紀雄氏のインタビューが出ていました。
<バブル崩壊25年>アベノミクスに迫る危機 教訓忘れた日本人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150326-00000002-maiall-brf

アベノミクス:バブル崩壊25年 「結局、日本人はバブルから何も学んでいない」
http://mainichi.jp/feature/news/20150326mog00m020002000c.html

興味深い内容です。
ただ、今が「80年代バブルよりも変な状態」というのは賛成しかねますね。
政府による円安誘導や、年金ファンドの株式購入が現在の株高を支えているというのは事実だし、現在の株高は政策主導だというのも正しいとは思います。
でも、TOPIXも、東証2部指数も、ジャスダックインデックスも15年前の高値はまだ突破できていないんですよね
日経225に採用されているような超大型株はかなり上昇して割高なものが多くなっているとは思います。
ただ、依然として、PBR1倍割れている株は多数あります。
他の指標でみても、割高とは言えない銘柄はかなりに上るんじゃないでしょうか
日本国民を見ていても、バブル期のような浮かれた状況にもないと思います。
株価の急落はあっても、バブル崩壊のような激しい調整はないんじゃないかと、個人的には思っています。
まあ、誰も予想していない時にこそ、バブルの崩壊は来るものなので、私の言ってることは信じないでもらいたいですけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください