労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です
近年の日本の貯蓄率が低いというニュースがありました。
日本の家計部門の貯金ゼロが海外でも話題に
http://markethack.net/archives/51959570.html

NY Timesの原典はこちら。
Japan’s Recovery Is Complicated by a Decline in Household Savings
Twitterでは、「安倍政権のせいだ!」みたいな批判も散見されていますが・・・
OECDのデータでは、安倍政権発足以前から低いんですよね。
冷静に判断してもらいたいものです(安倍政権を擁護するわけではないですが)。
記事の中では、非正規労働者の増加、団塊世代のリタイアに伴う貯蓄の取り崩しが挙げられてます。
しかし、「格差社会」のアメリカよりもさらに低いというのは、理解しづらいですね。
いずれにせよ、昨今言われている、
大手企業社員の所得が増加する(現状)→その他の人々の所得も増加する→消費が活性化する→物価が上がる→日本経済は本格回復する
というシナリオが本当に実現するのかは、正直良く分かりませんよね・・・
大手企業の社員、個人投資家で儲けた人の消費は活性化するかもしれませんが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください