お金持ち

最近、ネットのニュースを見ていると、芸能人やらYouTuberやらが年収いくらかだの、貯金はいくらかだの、そういうネタがやたら目につきます。

こういうのは、いまに始まったことではないんですが、最近、特に増えてきているように思えるんですよねぇ。

いきなり話は変わりますが、僕の前の会社の同僚や、僕の友人で、年末で会社を辞めた人が何人かいます。

ある人は転職し、ある人は起業し、ある人は次の仕事は決めずに一時休息し……という感じです。

僕が新入社員の頃は、転職する人は少数派だったし、転職しても年収が上がる人の方が少ないくらいでした。
起業する人はさらに少なかったですし、起業して成功した人のことを聞くこともほとんどありませんでした。
いまはそんなことはないのですが、会社を辞めてうまくいくかどうかは、人それぞれです。

一方で、会社に残っても、昇進・昇給する人とそうでない人で差が付いてくるわけですが、以前のように、一定の年齢になったら、よほどのことがない限りほぼ全員管理職になる……というのもなくなってしまいました。

会社に残ろうが、辞めようが、差は付いてしまうわけで、時間が経つにしたがって、その差は広がっていってしまうんですよねぇ。

地位やお金が幸せの指標ではないのはもちろんですが、これまで(ほぼ)横並びの社会で生きていた来た僕たちからすると、どうしても自分と人とを比べてしまい、成功している人をうらやみ、自分よりうまくいってない人に対して優越感を感じてしまうんですよねぇ。

そういう感情を持ち続けることは、決して幸せには結び付かないんですけどねぇ。

日本は、これからも格差社会がどんどん広がっていき、ごく一部の成功者が富を独占する状況がさらに進行していくはずです。

大半の人は「ごく一部の成功者」にはなれないわけですから、自分に与えられたものを引き受けて、幸せに生きる道を探すのが良いはずなんですが、なかなかそれはできないものです。

僕自身、いまの生活費を考えると、今後お金に困ることはないだろうし、いまよりも贅沢して生きても今より幸せになれそうにはないし、いまの生活に不満はありません。

日々を満足して送っているのですが、たまに仕事で成功している人、投資で僕よりも多くの資産を築いている人、旅行に行きまくっている人を見ると、つい「うらやましい」と思いそうになってしまうんですよねぇ。

あまり余計な情報は入れず、他の人のことは気にせず、マイペースで生きたいものであります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください