こんな記事が出てました。
加山雄三 数十億円あった借金を完済するまでの道のりを語る

叔父の経営するホテルが倒産して、連帯保証人として20億円以上の借金を背負う。
40代で完済するも、スキー場に数10億円突っ込んで家も船も手放すはめに。

加山氏曰く、

結局、借金して苦労すると責任感が強くなる。人間、逃げたら終わりだからね。試練だと思って、“何クソ!”って土下座してでも乗り越えないと。逃げたらダメ! それがパワフルに、エネルギッシュに生きるコツなんだ

立派な言葉だとは思います。

加山氏「再び船を乗り回している」とのこと。

いつまでも、若々しくエネルギッシュに生きるのは素敵だと思うけど、もう少し堅実に生きればいいのになあ・・・とは思いますね。

また多額の借金を抱えないよう、願いますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください