悩み

トランプがコロナに感染したかと思うと、あっという間に回復してしまいました。
「憎まれっ子世に憚る」なんて言いますが、本当に悪運が強い男だなあ……と思います。
急落した株価も一気に回復してしまいました。

さて、先週、東京に行った際に、東証一部上場の大手企業の人事部の知人と会いました。

そこで、彼が言っていたんですが、「コロナの影響で残業手当と、ボーナスが激減して、お金がなくなっている社員が急増している。社内ローンの相談が殺到していて、その対応で忙しい」とのこと。

実際に、給料が減った企業はかなり多いというのは、ニュースでも見てますが……

コロナで給料大幅減 自動車・旅行・航空・外食…各社社員たちの嘆き

でも、大企業に勤務している限り、仕事を失うものではないし、給料は減ったからといっても、一定額は確保できているはずなんですが……

そういえば、僕の会社員時代も、給料前にお金が足りなくなってしまう人って結構いたんですよねぇ……

僕自身は、会社に入ってからはお金に困ったことは一度もありません。
唯一、会社に入った最初の一か月は、スーツを買ったり、飲み会したり、家賃を払ったりと、学生時代より出費が増える中、給料はまだもらっていなかったので、不安はありました。
でも、奨学金の貯えが50万円くらいあったので、乗り切ることはできました。

5月になると、少ないけどボーナスが出て、それ以降はお金の失敗は全くなくなりました。

給料の半分以上は貯金に回していたし、学生時代に奨学金を借りて以降は、ローンを組んだことは一度もないし、結婚もしてないし、子供もいないし、酒もほとんど飲まないので、お金を使うことがなかったんですよねぇ。

家族を養ったり、住宅ローンを組んでいたり、子供を塾や学校に行かせたりしていると出費も多いことはわかるんですが、それなりの収入がある人は、給料が減っても困らない程度の貯えは持っておくべきだと思うんですよ。

社内ローンの仕組みは良くわからないんですが、返済金は給料から天引きされるか、あるいは退職金から差し引かれるんじゃないかと思うんですよねぇ。
金利が低かったとしても、将来の収入を食い潰すのは得策ではないと思います。

僕の知っている個人事業主は、コロナで仕事がすごく減ってしまい、収入が激減する中で、給付金をもらいつつ、貯えを食い潰しながら凌いでいます。

自分が過去に勤めていて言うのもなんですが、本当に大企業の社員って金銭管理が甘い人が多いなあ……と思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください