勉強

東京の1日の新規感染者が100人を超えてしまいました。

日本だけでなく、世界的に感染再拡大の傾向が見られていますが、沖縄は2月以降新規感染者はゼロですし、入院患者も全員退院しています。

新型コロナで4月以降、自粛生活が続いていますが、6月はだいぶ緩和されたとはいえ、通常生活には戻っていません。

そんなわけで、4月以降は毎月月末に、その月の生活を振り返っています。

4月にやりたいことはやれたのか?

5月の自粛生活の総括

そんなわけで、7月に入ってしまいましたけど、6月の生活を振り返ってみましょう。

  1. 語学(英語、スペイン語)の勉強をする → ちゃんとやってる
  2. 筋トレする(目指せシックスパック!) → ちゃんとやってる(腹筋はまだ割れてない)
  3. 本をたくさん読む → 読んではいるが、思ったほどには読めていない
  4. 映画をたくさん観る → 映画館が再開されたので、週2本くらいは劇場で鑑賞。多少だけど、DVDを借りたり、過去に録画した番組も視聴
  5. 三線の自主練をする → それなりにやっている

6月に入って、お店も開きはじめたし、県外移動も自由化されたので、九州旅行に行ったり、慶良間への日帰りのシュノーケリングに参加したりしました。

ジムも再開したので、通える日はほぼ毎日通っています。
体重が自粛前から2.5キロ増えていましたが、ジムに通ったり、外に出たりする機会が増加したせいか、そこから1.5キロ減りました。
さらに1キロ減らせば、自粛前に戻ります。

その反動で、自宅でできることは、4,5月ほどにはできていない感じがあります。

自粛期間と同じレベルでやろうとすると、どうしても未達になってしまうので、語学の勉強量は減らすことにしました。

生活が通常に戻るのは良いことなんですが、できることの選択肢も増えてくるので、優先順位を考えて行動しないと、やりたいことややるべきことができないままに終わってしまいかねないなあ・・・と思っています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください