会社員

最近、ホリエモンの発言が物議を醸すことが多いですねぇ。

堀江貴文氏、12日間連続休暇呼び掛けに「家族いなくて仕事失った人とか絶望感しかないよね」

この発言自体は正しいところはあると思いますが、僕自身も「家族いなくて仕事失った人」に該当します。

ただ、全然絶望感はないし、快適な日々を過ごしています。
生活に困らないくらいのお金があるって重要なことだなあ・・・と、つくづく思います。

会社を辞めた3か月間も完全無職でしたが、その時と生活はあまり変わらないんですよねえ。

06:00  起床
06:15~ 朝の運動・筋トレ
07:30頃 BSの英語ニュース見ながら昼食
09:00頃 読書、語学学習、テレビ、ブログ執筆等
13:00頃 昼食
14:00頃 読書、語学学習、テレビ、買い物等
18:00頃 夕方の運動・筋トレ
19:00頃 読書、テレビ、三線の練習
20:00頃 夕食
21:00頃 読書、テレビ、三線の練習
24:00  就寝

みたいな日々を毎日繰り返しています。

会社を辞めた直後(プレコロナ時代)は、美術館、映画館、図書館、ブックオフあたりに行くこともありましたが、いまはそれもできません。
ただ、映画は自宅で観てますし、本は自宅にあるものを読んでいます。

運動や買い物は外に出ますが、人の少ない時にマスク着用して出かけているので、その辺の気遣いは多少の窮屈さ、ストレスにはなっているかなあ・・・と思います。

友人・知人と会う機会は減っていますが、友人・知人は働いているので、平日の昼間はどっちにしても一人でいることになるし、元から頻繁に人に会うタイプでもなかったので、人に会わないことは、さほどストレスにはなりません。

むしろ、生活が単調になってしまうことの方が問題と言えば問題かなあ・・・と思います。

自分で言うのもなんですが、自己管理能力はかなりある方だと思うので、一人で自宅にいると、規則正しい決まった生活を繰り返してしまうんですよねえ。

差し障りのない範囲で、平日の人が少ない時に、人が少ない場所に出かけるとかするのが良いかなあ・・・と思っています。

沖縄であれば、そういう場所はいくつかありますからね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください