英語勉強

僕の友達には旅行好きが多くて、ゴールデンウィークはほとんどの人が旅に出ていました。

今年は、ことごとく予定の中止をよぎなくされてしまったようです。

僕自身も、連休を利用して・・・というわけではないですが、5月初旬あたりから、1か月超くらいかけてシルクロードを旅しようかと考えていました。

具体的には、中国から入って、中央アジアを巡り、イランまで到達するという旅程です。

いまからすると、あり得ない行程ですが、計画した時点では、新型コロナ問題はなくて、アメリカ-イランの関係が不安定化していたことだけが気がかりでした。

もちろん、予定は中止。
その代わり、国内旅行か、沖縄県内の離島を巡ろうかと考えもしましたが、現状だとそれも難しそうなので、結局はどこにも行かないことにしました。

休日に限らず、新型コロナの影響で、みんな公私ともに予定が狂ってしまってますね。

本ブログでもすでに書きましたが、仕事がかえって大変な状況に陥っている人も多いようです。

「生活のリストラ」をすべきじゃないか?

大変な状況になっていることの多くは、「前提が変わっているのに、予定や計画を完全に破棄できていない」ということに負ってるんじゃないかと思うんですよね。

仕事の場合は、会社の指示に従わざるを得ないところもありますが、プライベートの方では、計画を立てたり、予定に合わせて行動することを諦めるのも良いと思います。

僕自身、受験勉強をはじめたあたりから、計画を綿密に立てて、予定に合わせて行動することが多くなりました。
第一志望が国立大学だったので、5科目受験して合格ラインに達するには、ちゃんと計画立てて、それに沿って勉強しないとダメだったんですよね。

学校で勉強したことが実社会で役立ったという経験はあまりないですが、そこで身に着けた生活態度は、会社生活でそれなりに役立ったとは思います。

むしろ、会社では勝手に行動すると他の人たちに迷惑かかるので、受験生時代よりも計画を立てて、予定に沿って実行することが重要になるんですよねえ。

それがいつの間にかプライベートにも浸透していました。

例えば、「映画を見に行く」と決めたら、大雨が降っても実行していましたし、「買い物に行く」と決めたら、多少体調が悪くても行っていました

ただし、会社を辞めてからは、だいぶ変わりました。

今日できなくても明日やればよい。

と思っています。

外出した際に面白そうなイベントがあれば、「予定を変更してそっちに行こう」とか、「映画を観にこうと思っていたけど、天気が良いからアウトドアで行こう」とか、そういう風にしています。

仕事に関しても、平日でも天気が良ければ仕事を後回しにして出かけたり、逆に天気が悪ければ休日でも部屋にこもって仕事したりしています。

そうしたほうが、人生の充実度は高いのです。

いまは、無理して計画したり、予定に合わせて行動したりするよりも、状況に合わせて成り行きで柔軟に対応するほうが良いと思うんですよねえ。

会社を辞めてから3年以上経つので、僕自身はそういう生活に慣れてきたし、ペースもつかめるようになりました。

だから、新型コロナで世の中の環境が変化しても、ストレスなく、マイペースで生活することができています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください