労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

この前、某女性からアプローチされている(?)という話を書きました。

クリスマスまでに彼女を作らないよう、頑張りたい

彼女、告白とまでは言えないものの、僕に対して「恋愛感情を抱いている」みたいな表明をしてきました。

それに対して、僕はこんな感じで返答しました。

来年末にアーリーリタイアしようと考えている。
仕事も、収入もなくなるだろう。
それに、残りの人生の半分を海外で過ごそうかとも考えている。
だから、結婚はもちろんのこと、自分以外の誰かの責任を負うような生き方はできない。

実質、それがホンネなんですよね・・・

会社辞めたらどうなるんでしょうね?

「40代後半独身、無職」という肩書になります。
しばらくしたら、「住所不定」という肩書も加わるかもしれません。

僕が女だったら、そういう男とは付き合いたくも、結婚したくもないと思います。

僕の周囲には、30歳前まで、あるいは30歳を過ぎても、定職に就かず、ふらふらと自由人の生活をしていた人が何人かいます。
彼らは、付き合う人ができ、結婚をすると、途端に人生が変わりました。

これまで夢を追いかけたり、当てもなく世界を放浪していた生活にキッパリと決別し、就職したり、自営

で働き始めたりしました。
結婚や家族の持つ力ってすごく強いんだなあ・・・と感心してしまいました。

逆に言うと、それだけ束縛力が強いということでしょう。
でも、彼らは、その束縛を喜んで受容しているんですよね。

生物としての原理原則というのは、凄い力を持つんですね。
それに反する生き方をしている僕は、どこかズレていたり、欠けたところがあるんだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください