東京の新型コロナ感染者数は増加の一途を辿ってますね。

最新情報については、日々のニュースはもちろんですが、いまはSNSもありますので、友人の投稿から、よりリアルな状況が分かります。

本当に、街には人が減っているようだし、自宅にこもる人も多いですね。

リーマンショックや東日本大震災の時と比べると、「自分が被害者/加害者になるかもしれない」というのがあるので、かなり神経質になってるようです。

最近の都内在住者、あるいは勤務者のFacebookの投稿を見ても「大丈夫かな?」と思いますよ。

  • やたら政権批判する人:以前から一定数いたが、激しさを増している。学校休校したことに文句を言ってた人が、今度は再開することに文句を言ったり、風俗業が補償の対象にならないことを批判したり、「??」な発言も目にするようになってきた
  • 危機感を煽ったり、対策を怠っている人をバッシングする人:政権批判する人と被る場合も多いですが、「日本は終わりだ!」とか、「このご時世に飲み会やってる若者は殺せ!」みたいなネガティブ発言が多いので、読んでて鬱になる
  • やたら意識高い人:上の2つとは対照的で、新型コロナ対策に関する先進的な取り組みを称賛したり、自分でも窮地に陥ったお店を支援したりしている。ビジネスエリートが多い。活動自体は良いことなのだが、このご時世なので、言動が目立ってしまう
  • やたら報告する人:どこそこでマスク売ってたとか、どこそこで行列つくってたとか、こういう対策が効果ありそうだとか、頻繁に報告しまくる
  • おうちグルメ写真をアップする人:元々、料理の写真を上げる人は多かったが、これまでは外食だった人が、テイクアウトや自宅グルメの写真をアップするようになった(そうまでしてリア充アピールしたいのか?と)
  • 桜の写真を言い訳しながらアップしてる人:「自宅の近くの」とか「仕事で外出した際にたまたま」とか言いつつ、桜の写真を上げている(言い訳しないと叩かれるご時世になったんだなあ・・・と)
  • ヒマでどうでもよい投稿ばかりしてる人:テレワークの人や、週末自宅に籠ってる人に多いんですが、子供がどうしたとか、飼い猫がどうしたとか、こういうアニメ見てるとか、ゲームしてるとか、とりとめのない投稿ばかりしてる人。別に無害なんで良いんだけど、「あんたの日常生活を逐一報告されてもなあ・・・」と思う

まあ、こういう状況になると、人間の本性が前面に出てくるんだろうなあ…と。

不満が溜まってる人は不満を爆発させるし、意識高い人はより意識高くなるし、ヒマな人はよりヒマになるし・・・

そんな中で、摩擦も起きている感じがするんですよねぇ。
これまで、自分の本性や欲求をコントロールしつつ、たまには抑圧もしつつ、人間関係を円滑に(少なくとも表面上は)営んできた人たちのストレスが噴出しかかってるような・・・

外から眺めていると、東京、というか、首都圏に住んでいる人たちは、そういう風に見えるんですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください