沖縄は新型コロナウイルスの感染者は3名に過ぎません。

なので、普通に生活していたのですが、今週に入って行きつけのスポーツクラブのスタジオプログラムが一時中止になってしまいました

スタジオ自体は空いているので、マシーンで筋トレして、プールで泳いで、ふろとサウナに入って・・・と頑張って元を取ろうとしています。

イベントも中止になってしまってるんですよねえ。

沖縄で感染拡大の拡大の懸念があるの?
過剰対応じゃないの?

という気もするんですが、「もし感染者を出したりしたら、メディアで大々的に報道されて、バッシングを受けるかも・・・」と思うと、事なかれ主義に陥ってしまうのもムリはない。

マスクやトイレットペーパーが買い占められるという非合理なことが起きてしまっています。

マスクは感染防止にはあまり役立たないというし、トイレットペーパーが品薄というのも単なる風評だと言いますが・・・

東日本大震災の時も、風評被害の影響が大きかったんですけど、「もしかすると」みたいなことを考えると自粛に走ってしまうんですよね。
それが経済をシュリンクさせてしまいます。

「トイレットペーパー買い占めってオイルショックの時代か?」と思うんですけど、人間って学習しませんねえ。

「歴史に学べ」とよく言いますけど、東日本大震災はまだ歴史にはなっておらず、多くの人が体験していることです。
風評に流されて、多くの人々が非合理的な行動を取り、後からそのことが明らかになったはずなんですけど、そこから学ばないんですね。

買い占めに関して言えば、別に信じていなくても、商品を買わないと実際に売り切れてしまったりするので、追随せざるを得ないバカバカしさもあるわけですが。

そういえば、米国株が大幅反発しましたね。
先週の暴落ぶりをみて、逆に「ここまで落ちる根拠ってあるんだろうか?」と思っていたものですが、株式市場もなかなか合理的には動かないものなんですよねえ。

病原菌の蔓延によって、株価が暴落するのは理解できなくはないですが、半分くらいは風評や不安に負うものだと思っています。

だから、今回の暴落時は買い時だと思っているんですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください