実は、仕事とプライベートの両方を兼ねて、この3連休の前から東京に来ています。

で、台風に直撃されてしまったわけですが・・・
今日は台風一過で晴天で気持ちの良い1日です。

気温が同じでも、沖縄より湿度が低いので、東京の方が快適ですね。

ただ、台風に見舞われて、色々と思うところがありました。

沖縄は台風が多いですが、対応は東京の方が大変ですね。

慣れているのもありますが、沖縄では、台風に直撃されても、生活にはさほど支障は出ない気がします。

台風前の買い出しでも、モノが売り切れてしまっているのはあまり見たことなです。
むしろ、台風が過ぎてからの方が、物資が届かなくなって、品不足が起きることが多いです。
だからと言って、食べるものがなくなることはないので、あまり不安はないですね。
そもそも、高温多湿で、アメリカの食文化が入っている沖縄では、ランチョンミートとか、シーチキンとか、結構保存がきく食べ物が自宅にあったりするんですよね。

あとは、公共交通機関はゆいレールとバスくらいですが、バスはあまり使われていないので、公共交通機関が止まってもたかがしれてます。

東京にいて驚いたのが、台風当日に、まだ風が弱い段階で店がドンドン閉まってしまうことです。
台風対策をして、従業員が自宅に帰れるように余裕を持ってやってるんでしょうが、沖縄は暴風雨が来る直前まで店が開いているように思います。

あとは、今日になっても、午後までお店が開かなかったり、公共交通機関が止まっていたりしたのも驚きました。
美術館やステージイベントは、今日開催のものは全部中止になってしまいました。
ただし、沖縄も屋外イベントなんかはすぐに中止になりますけどね。

マクドナルドなんかも早く閉まっていましたが、再開は比較的早かったです。
ただ、再開後は大混雑してました。
行くところの選択肢が限定されるので、人が集中しちゃうんですね。

都心は、被害に遭うリスクだけでなく、被害に遭わなかったときも、災害に見舞われたときのストレスが大きいなあ・・・と思いました。

今日は美術館と歌舞伎座をはしごする予定だったんですが、美術館は休館になるわ、公演は中止になるはで、やることがなくなってしまいました。

東京という場所は、商売が回っている場所だからこそ楽しいのであって、それがないと退屈でストレスの多い都市だなあ・・・と思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください