参院選が近いですねえ。

「若者よ、選挙に行くな!」という動画が話題になっていました。

「若者よ、選挙に行くな!」動画が話題沸とう “逆メッセージ”の狙いと効果は?

若者を選挙に行かせるためのPR活動として、非営利団体が作成、公開したものだそうです。

18歳選挙権が導入されましたが、それも一段落して、若者の投票率は下がりそうな気配です。

自民党が若者向けの動画を公開して、ちょっと驚きました。

数年前までは、与党側は若者に選挙に行って欲しくなかったんですね。

若者は、無党派層や野党支持が多かったので、若者が選挙に行くと、政権が揺らぐからです。
「自分に損になることはしたくない」というのは、みんな同じなんですよねえ。

いまは、若い人ほど自民党支持率が高いそうだから、若者が選挙に行けば、自民党政権はより安泰になるんじゃないかと思います。

いまの若者の多くは、現状に不満はあっても、諦めて受け入れているんじゃないかと思うんですよね。

年金問題にせよ、雇用問題にせよ、環境問題にせよ、革新的な解決なんて求めてなくて、いまより悪くならなくて、何とかやっていければそれで満足・・・という位の感覚じゃないかと思うんですよね。

昔も今もそうなんですが、どの政党が政権を取るかによって、日本が根本的に変わることはないんですよねえ。

「どの政党が/誰が政権を取れば日本が良くなるか?」という発想はなかなかできなくて、せいぜい「どっちがこれ以上、日本を悪くしないのか?」という消去法の選択肢でしかないんじゃないかな。

そのために、ワザワザ貴重な時間を取って選挙に行く気にならないのもよく分かります。

僕も、若い頃は政治に興味なかったし、選挙にも行かなかったから、選挙に行かない若者を責めることはできないですが、このたびの参院選は、日本の閉塞感を象徴しているなあ・・・と思いましたよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください